2011年07月01日

2011年6月「精一杯の選択」

統合失調症の息子さんと暮らす母親から電話があった。半年前に薬を飲まなくなり、徐々に症状が悪化している。最近は外出先や近隣とのトラブルで警察沙汰にもなっているようだ。
自宅は当社から100kmも離れていたが、母親が高齢であることは電話越しにも察知できた・・・『放置するわけにはいかない!』
即日、打合せのため自宅に向かった。息子さんの症状、性格、趣味、日常の行動パターン、そして家の構造、間取りなどを把握するためだ。病院の手配は既に母親が済ませていたので、後はいかに安全にやわらかく説得移送できるかだ。

翌日、部屋を訪ねてみると、やはり接触を拒み騒ぎだした。 『予想通りだ』
何とか会話に持ち込んだが、落ち着きがなく興奮気味だ。
根気よく傾聴と説得を続けるなか、5分、10分と時間が過ぎていく・・・。
開始から20分、ようやく自ら歩いて玄関へと向かうが、落ち着きのなさが気にかかる。
「自傷行為・障害物の除去・母親の安全確保」、危険的要素のチェックは終始継続だ。
・・・そして乗車直前、逃避しようと抵抗をはじめた!  『やはり』
私は即座に強めの「ハグ」で離さなかった。安心してほしい、ただその一心だった。
最後は、騒ぎ疲れたのか、文句を言いながらも自分で乗車してくれた。

車内では、穏やかな雰囲気をつくることを心がけた。
隊員との会話も弾み、無事受診に導くことができた。
息子さんは必ず回復し、元の生活をとり戻すと私は思う。医療は日進月歩である。
posted by R.Nishitani at 00:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: