2011年07月01日

2010年9月 「家族の一大決心」

千葉県某所の集合住宅。アルコール依存症の夫によるDV行為に家族が追い詰められていた。
「疲れた、恐い、逃げたい・・・」結婚生活35年、安心して眠れた日は殆どなかったという。
経済的にも切迫しているようだ。  『何とかせねば!』

転居先と引越屋の手配はついたが、夫の前で家財(トラック1台分!)を運び出さなければならない。ポイントは3つ、危害阻止、情報漏洩対策、追跡阻止だ。
引越屋には、車両、段ボール、作業着など全て無名にするよう依頼した。
転居先は引越作業員に伝えず、積荷後は一旦指定場所に立ち寄ってもらうことにした。
家族にも固く口止めをお願いした。

実行日。
夫には悪いがバイクは動かせない状態にさせてもらった。(緊急避難として!)
後は夫の動きにあわせて家族の壁になることだ。『気合が入る!』
荷造りから離脱まで約8時間。暴言、威圧、騒乱状態になる場面もあったが、少し離れた駅に家族を送り届けて無事任務を終了した。
別れ際、疲労感と安堵感が交差する母娘の笑顔に初めて触れた。思わず熱くなってしまった。
ご家族の新たな人生のスタートだ。   『いつまでもお元気で!』
posted by R.Nishitani at 00:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: