2011年11月07日

2011年9月「一触即発」

知人の紹介で二人の男と会うことになった。
一人は人脈のある有力者のようだ。今回は大きな仕事が請け負えるかもしれない。
そんな期待を胸に新宿駅西口で中高年の男と合流した。
野暮ったいジャケットに大きな紙袋・・・どことなくぎこちなさを感じる。『空振りか・・・』

更に待つこと数分・・・。ハット帽の老父の登場だ。全身を黒で纏い、杖をついている。
「会長」と呼ばれるその老父、それなりの威風を漂わせてはいるのだが、衣服には多数の染みがあり部分的に褐色している。「嫌な予感が・・・」

タクシーで数分、彼らの事務所兼喫茶店に向かった。
冒頭、「東京に日本発のカジノを誘致する」・・・と資料が手渡された。
黒ずんでごわごわした資料は塵でざらざらとしている・・・『気持ちがわるい!』
内容も薄っぺらなものだった。
でも、「この企画が事実なら!?」という望みを捨て切れないまま、1時間ばかり会長の話しを聞いた。
結局のところ、先行投資をすれば仕事を請負える・・・というのだが信憑性がなさすぎる。
前に進みたいが今回は引くことにした。

しかし、この後、状況が一変する。
「この話しはなかった事に・・・」と席をたった直後、会長から無言のプレッシャーがのしかかる。
同席していた部下と先方の強面従業員らは戦闘モードに入っていた。
場所も人数も不利な状況だ。「マズイ・・・」
一瞬、胸騒ぎがしたが、ここは毅然とした対応が賢明だろう。
私は終始、彼らへの敬意を貫いた。そして何とか切り抜けた。

よくよく考えれば、当社の規模にはそぐわない内容だった。
恐らく、今までも零細企業を標的に片っ端からアプローチを仕掛けていたのかもしれない。
彼らの演出が巧妙だったならどうなっていたことだか・・・。

「翌日」
「あの企画、本当だったのかな・・・」と未だ懲りない自分がいた。
暴走はいけない。気をつけよう。
posted by R.Nishitani at 00:19| Comment(0) | 日記